スタイリッシュで高音質のBluetoothスピーカー

当社のB-to-B中心の商品からすると少し毛色が変わりますが、Bluetoothスピーカーの販売(Harmony)を始めました。

とてもスタイリッシュで、音質もこのサイズのスピーカーとしては非常によく、ワイヤレスですので、場所を選ばずどこでも置くことができ、線がないので室内がすっきりします。

ですので、「個人用途」だけでなく、例えば静かなおしゃれな雰囲気を持つ店内での利用など、業務用途にもおススメです。

0 コメント

「触れるだけで」充電・データ通信するモジュールの取り扱いを始めした

 

 

 

ITの世界 では、今あらゆるものがインターネットにつながる「IoT」が大 流行りです。

 

 

 

いろい ろなものがいろいろなものにつながることは、便利で、手軽ですので、いいことが沢山ありますが、ひとつの問題はこのような機器の 多くが電池で動作するので一定の頻度で電池の充電を行わなければならないことです。

 

 

 

殆どの 充電はマイクロUSBなどの コネクタを介して行われるので、面倒なだけでなく、何回も挿抜を繰り返しているうちにコネクタを壊してしまう恐れもあります。

 

USBケーブ ルを使った充電を「おくだけ」で可能にする国際標準規格のQi(チー) というワイヤレス給電方法ありますが、充電効率が悪 い、使い勝手が悪い、データ通信はできない、などの不便さがあります。

 

 

 

本日ご 紹介いたしますのは、韓国のSPS社(http://www.sps-ltd.com/) の「触れるだけで充電・データ通信を行うモジュール(商品名:Magconn)」(http://www.magconn.co.kr/) で、このモジュールを機器に組み込むことで、充電やデータ通信のためのUSBケーブ ル接続不要になります。

 

 

 

こ の画期的な「ワイヤレス充電・データシンクモジュール:Magconn」 は、Rxモ ジュールとTxモ ジュールが組み込まれたデバイス同士を物理的に接触させ磁石で固 定させるだけで、USBケー ブル接続同等の効率で充電とデータ通信を行いま す。

 

OTG機能にも対応していますので、例えばスマホに外付けストレージを触れ るだけで取り付けるというようなことも可能になります。

 

 

 

又、デバイス同士の固定は磁石で行うので、縦横斜めどんな場所にも固 定できます。

 

 

 

このようにMagconnを 搭載すると、ワイヤレス接続の快適さのみならず、取り付け位置の柔軟性、コネクタを使わないことによる防滴・防塵性、デザイ ン性の向上など様々な価値をお客様に提供することができます。

 

 

 

詳細はこちら

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

http://www.workmobile.jp/商品案内/モ バイルアクセサリー/ワイヤレス充電データ通信モジュール/

 

 

 

商品は発売中です。

 

ご購入、価格のお問い合わせなどは、wm.sales@workmobile.jpま でお願いいたします。

 

0 コメント

魅惑的な光を放つNFC/RFIDリーダー

フランスのSpringCard社(http://www.workmobile.jp/メーカー/springcard/)のNFC/RFIDリーダー」の取り扱いを開始しました。

 

RFIDタグの用途は主にB-to-Bであったのに対し、NFCタグはB-to-C用途に広がりを見せており、結果的にリーダーも一般の人の目に触れる場所で使われることが多くなりそうです。

 

そのことを意識してSpringCard社が販売する下記3種のNFC/RFIDリーダーは人目を惹く非常に斬新なデザインのものとなっております。

 

NFC準拠のNFC"Roll"

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.workmobile.jp/商品案内/rfid-nfc/nfcリーダーライター-usb-nfc-roll/

 

PC/SC準拠の非接触リーダーProx"N" Roll

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.workmobile.jp/商品案内/rfid-nfc/非接触pc-scリーダーライター-prox-n-roll-pc-sc/

 

ISO15693, 14443A/B対応Prox'N'Roll

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.workmobile.jp/商品案内/rfid-nfc/rfidスキャナー-prox-n-rfid-scanner/

 

これらのUSBリーダーは共に「ヨーヨー」のような形状をしており、鮮明に点滅する緑色が、タグをかざすと青色に変わりますので、店頭などに置くと非常に目立ちます。

 

通常のIT機器風の無機質なリーダーには飽き足らないお客様にはお薦めのリーダーです。

 

0 コメント

Socket MobileのSDKがiOS9に対応してバージョンアップ

Socket Mobileのバーコードスキャナーアプリケーション開発用のSDK( Socket Scan 10 SDK)がversion10.2にバージョンアップされ、次の機能に対応しました。

  1. AppleiOS9, GoogleAndroid M (Marshmallow) 並びにMicrosoft Windows10サポート
  2. Bluetooth再接続における時間を3秒に短縮
  3. SocketScan 10.2ライブラリーはAppleの新しいBitcode機能にも対応しました。
  4. CocoaPods(iOS)並びにNuGet( Windows)パッケージツールをサポート

本SDKはSocket Mobileの「デベロッパープログラム」に登録し、「年会費:\2,700/年」を購入することで入手できます。

スマホ内蔵カメラをアプリケーションに組み込むSDK

最近のスマートフォンに内蔵のカメラの性能は非常に上がっていて、このカメラをバーコードスキャナーとして使うことがあまりストレスなくできるようになりました。

業務で利用する場合もバーコード読み取り頻度が非常に少ない場合や読み取りにそれほどの手際よさを求めない場合はスマホ内蔵のカメラでもバーコードスキャナーの役割を果たします。

あるいはアプリケーションの開発段階や初期の試行のような場合も内蔵カメラで十分なことがあります。

しかしながら、その後の本格的展開や、実際に運用していく過程でより高性能なバーコードスキャナーを必要とするケースも多々あります。

このようなシチュエーションにおいて、Socket MobileのBluetoothバーコードスキャナーの機能をアプリケーションに組み込むために用意されたSDK( Socket Scan 10 SDK)は威力を発揮します。

以下のビデオに示したように、このSDKを使ってアプリケーションを開発するとバーコードスキャナーとして内蔵カメラもSocket MobileのBluetoothバーコードスキャナー(CHSシリーズ)も使えますので、初期投資を抑えて状況次第で高性能なバーコードスキャナーにアップグレードするということがアプリケーションの変更なしで行えます。

0 コメント